頭痛に伴って起こる不調には色々な種類がありますが、
とりわけ痺れを伴うものは危険なケースも多く、
早めに対処をしていきたいものです。

今回はそういった、痺れを伴う頭痛が起きたときに
どう対応すればいいのか、
更には自分でできるケア方法はどういったもの
なのか考えていきたいと思います。

皆さんも気になったら早めにケアしてくださいね✨

まずは医療機関で検査を!

先ほども述べましたように、痺れをともなう頭痛には
くも膜下出血、脳腫瘍など非常に危険な
場合がありますので、
まずは脳神経内科等の医療機関を受診して、
重大な病気の可能性を排除しましょう❗

そういった病気の可能性を排除することで
しっかりとセルフケアに望めます✨
医療機関で原因不明になっても落ち込まず、
「これからやっと、自分で治せるんだ」と思って
いただけると嬉しいです😃👌

問題は神経の通り道そして緊張型頭痛

晴れて(?)医療機関で原因不明となった暁には
いよいよ医療機関に頼らずご自分でケアをして
いくこととなります。

頭痛だけではなく体に痺れが出る場合には、
神経の通り道の圧迫が考えられるんです👍
どこよりも優先して考えるポイント、
それは頭と首の境目です❗

ここは神経の通り道が狭くなっていますので、
そこが詰まったり硬くなると神経を圧迫して
しまいます。
これは全身の筋肉が強張っているときなどに
よく起こります。

病院的な頭痛の分類でいうと
いわゆる”緊張型頭痛”に多いと言えそうですね。

セルフケアを考える

ということは、頭と首の境目をほぐしていくことが
大切になります。
この方法、実は以前に書いた記事でご紹介して
おります💫(こちらでは血流を中心に考えて
書かせていただいています)
ぜひ、ご覧いただけるとうれしいです😉

仰向けになって、頭が自然と落ちてくるのを
待ちましょう。

ゆったりだら~ん✨
少しずつ首回りがほぐれていく感覚を
楽しんでくださいね😉
頭と首の境目がほぐれれば、
少しずつ痺れも取れてくるのでは、と思います!

痺れを伴う頭痛はそのまま放置しないことが
何よりも大切です。
色々な可能性を考えながら早めに
対処していってくださいね!