ワクチン接種を機に様々な不調が出た

Mさんはワクチン接種をきっかけに
体調を崩してしまったのですが、

更にその後に処方された
血圧の薬の副作用よって
全身がきつい倦怠感に
見舞われてしまいました。

食欲もなく、
旦那さんに車で送っていただけないと
ご来院いただけない状態でした。

 

全体がしっかり動くようにしていく

体調がここまで大変になってしまうと
もう「どの箇所を矯正していくか」という
レベルの話しでも
なくなってきてしまいます。

とにかく大事なことは
「人間は生きているのだ」ということを
再確認することです。

機械と違い、
人間の体は大きくうねり、
体全体で呼吸をするような
ダイナミックな動きをしています。

Mさんのように
体全体にわたる、日々の生活全般に
影を落とすような不調のケースでは

この大きなうねりが
止まってしまっている
箇所が必ずあります。

ですので、そこが
しっかりと動き出すように
働きかけてあげることが
大切になります。

実際にやったこと

実際の施術では
首回りやお腹回り、頭頂部など
体のポイントになる箇所に
手を当ててみて

体のうねりが無くなって
いるところを探していきます。

そこがどこだかわかりましたら、
もう後は動き出すように働きかけて
いくだけですね!(とってもカンタン👍)

Mさんは回を重ねるごとに
順調に元気になっていきました。

うねりの回復の他にも
胃や食道まわりにアプローチすることで
施術3回目には食欲も出てきました。

最初はお話することも
きつかったのですが
2クール目に入った頃には
普通に雑談もできるように
なっておりました。

まだ、お車で送ってきてもらっていますが、
2時間以上のお買い物もできているそうなので、
完全回復までは時間の問題という感じです。

施術間隔も当初の2週間から
今は3~4週間になってきています。

良かった良かった😃

これからもMさんの体調を
一層回復できますように
施術頑張っていきます!

 

◎他の方のケースになってしまいますが、
自律神経の不調から回復された方を
紹介させていただいているページも
ありますので、
ぜひそちらもお読みいただければと思います。
自律神経の失調から改善された患者さんのページ