実は多くの人が悩んでいるこめかみ頭痛。

こめかみから目の周りまで痛みの範囲が
広がっていることもありますね😫
偏頭痛もこのこめかみ頭痛に分類されている
ことが多いようです。

このこめかみ頭痛の対処法について
一般的によく言われているものがあるのですが、
それについて少々納得いかない点があるのです❗

こめかみ頭痛に関してわかっていること

そもそもこめかみ頭痛の原因なのですが、
まだまだ解明されていない部分も多いものの、
血管の拡張が大きく影響していると言われています。
血管の拡張しているときに、ズキズキドクドクと
リズムを刻んで痛みが出たりします。

その他にもストレスや外部からの刺激によって
頭蓋骨内に広がる神経が影響を受けて
起こると言われていますが、
いまいち決め手に欠けているのが現状です。
やはり一番の原因は血管のようですね💢

冷やすといいと言われていますが

なのでまず、やるべき対処法として
一般によく言われているのが
頭部など痛みのある部位を冷やすという方法です。
冷やすと血管の拡張が抑えられて
頭痛が緩和されると言われています。

ですが、本当にそうなのでしょうか💦
体を冷やしていいことってあまり無いように思います。
他の冷却が最適と言われる症状含めて、
当院ではほとんどの場合温めることを推奨しています。

温めることも1つの大きな希望だと思う

そして頭部だけ温めるのではなく、
体全体を温める方がいいと思います。
私はお風呂が一番いいと思います。
ぬるめのお風呂にゆ〜ったりと浸かります😊
そして頭部を湯舟のふちに乗せ、
完全に完全に完全に脱力し、ぼーっとしましょう❗

私は体の中にムラがあることが
一番よくないことだと考えています。
頭痛の際に冷やすべき、という考え方は
頭部の血管だけが拡張していて、
首以下の部分は拡張していないと
考えているのではないでしょうか。

お風呂に入って体内の循環を促進すれば
体全体に均一に血が流れるようになって、
局地的なムラを無くなり、
過剰な反応が減るようになるはずです✨

 

まずは医療機関での検査等を優先してくださいね✨

ただ、当院の考え方はかなり
一般的ではないみたいですので、
少しずつ試していただいて悪化しそうなときは
ただちに中止してくださいね😉

また頭痛には命の危険にもなるものもありますので、
あまり経験したことが無いような痛みがありまいたら、
脳神経内科等で相談してみてください。