痛い・腕が上がらない!肩関節の不調

四十肩・五十肩は肩関節を包っている膜が炎症している状態と言われています。

ただ、どうも整形外科のお医者さまとしましては・肩が痛くて上がらないという症状があり・レントゲンを撮っても骨に異常がないときに四十肩と診断されているようです。
(四十肩と五十肩は、ほぼ同じ状態を指しており、年齢によって呼び名を変えているようですので、これ以降は「四十肩」と表記させていただきます)

急に始まり、また急に終わることがある反面、何年も悩まされたり、あまりの痛さで睡眠に支障が出る場合もあり、早めに解決した方がいいのは確かです。

当院で施術した重症の方は体が複雑に”ねじれている”場合が多いです。
”体がねじれている”とは、肩の高さが揃っていない等の見た目で分かるような体のゆがみではなく、骨や筋肉のわずかな動きが通常時とは違っているということです。

そういう点を踏まえますとやはり四十肩になるときには、何かそれなりのきっかけがあるように思います。
ただ、それをご本人が気付かない場合も多いです。
重い荷物を不自然な格好で持ち続けたとか、長時間編み物に没頭していたとか、ご本人も気付かぬうちにひずみを溜め込んでいることがあるのではないでしょうか。

体のねじれが発生すると、全身を覆っている筋肉は収縮します。
そのとき肩関節や上腕などの骨格構造にわずかでもひずみがあった場合、収縮した筋肉によって締め上げられた骨格構造はひずみを何倍にも増幅させることになります。

こうしてひどい痛みや運動の制限が起こります。

四十肩・五十肩の改善に向けて

当院の施術は今までの経験と実績に基づいて行なわせて頂きますので他の施設とは少しやることが違うのでは、と思います。

特に施術を始めて1、2回目の頃はあまり肩関節にアプローチしません。
どうやら四十肩の原因は肩関節には無いようです。

序盤は四十肩の解消に最も重要な「骨格の調整」に重点を絞り施術していきます。
その後、体のひずみと全身の筋肉の収縮が取れてきましたら少しずつ肩の動きを取り戻す施術をさせて頂きます。

この施術方法で多くの方の不調が軽減されました。

また日頃のケアに関することになりますが、肩関節を過保護にするのも、あまりいい結果を生まないようです。
ある程度は体を動かして負荷をかけた方がいい場合が多いようです。
(注!
そうは言いましても、本当に痛みが強く、ほとんど動かせないようなときに無理やり動かすと悪化させかねません。
体の状態に注意しながら、少しずつ行なって下さい。
どうも肩関節を動かそうと思って腕を回すようなエクササイズを行なうと悪化することがあるようです。
どちらかと言うと腕に力を加えるような筋トレに近いようなエクササイズの方が適しているようです。)

感想文を書いていただきました

四十肩が治った方の感想四十肩がだいぶ改善されたので患者さんに感想を書いていただきました。
感想文の用紙をお渡しする前に書いてくださいました!

一応なのですが……腕立て伏せなどは最初から取り入れたのではなく、様子を見てかなり改善が確認できてから始めましたよ^^;施術前に2〜3分程度です。

※施術効果には個人差があります。