多くの人が悩んでいるパニック障害。
当院でも色々と取り組んでおりますが、
とりあえず、まずは自分で取り組める解決方法は
ないのでしょうか?
少し考えていきたいと思います。

もちろん一般的な正しい道として医療機関にて
解決方法を探るという選択肢がありますね。

ここでは今までの病院的な考え方、定義とは
少し違った考え方になるかもしれません。
ですので、その点だけはご注意いただいて
ご自分で色々な角度から考えるきっかけにして
もらえればと思っています😊

パニック発作、予期不安、広場恐怖という言葉

パニック障害の要素として、よくこの3つの言葉を
使いますね。
しかし、当院ではもっとシンプルに考えて
実際の「パニック発作」と「予期不安」の2つで
いいかなと考えています✨

「広場恐怖」は条件的なものが揃った時の精神的な
傾向のことなので、ここではちょっと「予期不安」と
合わせて考えていきたいと思います。

つまるところ、実際に起こってしまった発作の
作用機序(身体的な不具合)と、
それに付随して色々なことを連想してしまう
心の有り様についてですね🍀

大事なのは実際の発作の方

そしてこの二つを考えたとき、特に重点的に解決して
いくべきなのは実際の「パニック発作」になります❗
ここが解決できれば予期不安などは成功体験の
積み重ねで少しずつ減らしていく事ができます👍

もちろん予期不安の解決にも試行錯誤して
一進一退を繰り返す期間が必要になるのですが、
身体的に問題がなくなれば心で不安に思っていても
体が問題なければ案外できるように
なっちゃったりするものです😉

「いくら実際のチャレンジを繰り返しても
全然解決に繋がらないんだけど!」と思っている方も
多いかと思いますが、それは
「パニック発作」の原因が取り除けていないからです。

「パニック発作」の原因が取り除けたら、心が不安に
思っていても体が正常な動きをしようとするように
なるので「理由はわからないけど発症前みたいに
できるようになる」のです。

ご自分の心と体の繋がり合いを総チェックしましょう

では、ついに「パニック発作」の解決方法なのですが、
これはその人によって、ケースによってまちまちなので
簡単には説明できないのですが、
大事なことは「心と体がちゃんとリンクしているか」
ということです。

子供の頃からさかのぼって、
腕や脚がなんかうまく使えていないとか
思った通りに動かせない等無かったでしょうか?

そういったリンクの不全があると、実際に交感神経
が高まっている場面(電車内など)になったときに、
頭では「冷静になってほしい」と思っても
その命令(=願い?)が体に伝わらないで発作が
起こったりします。

なので自分の脳の命令と体の動かし方を見つめて
みましょう😃
これは心の有り様というより体の動かし方の問題です。
あなたの精神的傾向は関係ありませんよ❗

このことを意識して体の中の”変な”部分を取り除いて
いけば、少しずつ発作も減ってくるのではないかと
思います。
ぜひ試してみてくださいね😉