こんにちは~「てくてく」です🌞

今回はいつもとは少し異なったアプローチをした

腰痛の改善報告をさせていただこうと思います✨

施術院でのアプローチというと、

大抵は詰まりのある箇所に施術を施し、改善を目指します。

つまり引っかかっている箇所、固くなっている箇所を

ゆるめることを目的としているんですね💪

しかし、今回は全く逆のアプローチを取りました。

Iさん(40代女性)にご来院いただいいて、

施術をはじめた最初のころは、

それほど珍しく変わった状態もなかったのですので、

体の中の固くひっかかっている箇所を解除して

体調の回復を待っていました。

しかし、これがなかなか思うように改善が進みません💦

施術後数日は体調が良かったりするのですが、

1週間すると元に戻ったり、

車に長時間乗ると痛くなったり、を繰り返してしまいました。

1週間もたないのはやっぱり順調に進んでいないですよね😣

そんな中、何回か施術した後にふとある可能性が

頭に浮かびました。

もしかしたらキーとなる箇所は硬く引っかかっている箇所ではなく、

ゆるくなっている箇所なのではないか、と❗

動きすぎる箇所、ゆるくなっている箇所というのは

基本的に痛みが出ていたとしても、

そこにアプローチすることはありません。

他の固くなっているポイントとバランスを取るために動きすぎて

不安定になって動きすぎている(そして痛みが出ている)

場合がほとんどだからです。

そして改善のためには固くなっている箇所にアプローチして

いくことになります。

でもたまにこの動きすぎている箇所がポイントになるケースも

出てくるんですよね❗数としては少ないですが。

この辺りの、

どこにアプローチするか?

固いところをゆるめるのか?

それともゆるいところをしめるのか?

といった判断は

しっかりとした検査をして、

それに今までの経験から様々なことを考慮して

判断していくことになります。

なかなか大変❗😅

ちなみに今回のようなゆるんでいる箇所を固めていく施術と

いうのは改善までに時間(期間)が長くかかる場合が多いです。

何しろ普通の施術をしたら、更にゆるくなってしまいますからね❗

時間をかけてゆっくりと計画的に固めていくしかないんです。

Iさんの場合もちょっと時間がかかってしまいました💦

それでも概ね2クール(12回、6か月)で痛みが出なくなるところまで

いきましたよ😊✌✨

良かったです~🌟