大和で整体をするなら、小田急江ノ島線桜ヶ丘駅おりてすぐの整体院てくてく。慰安やリラク、対症療法ではない、本当に健康な体を目指す施術院です。腰痛、肩こり、頭痛、背中の痛み、自律神経の失調などの改善が期待できます。

問い合わせ

頭痛の改善に向けて

<頭痛に対する当院の考え方>
頭痛に関しては、まずはやはり医療機関での診察を受けるべきと考えます。

脳腫瘍やクモ膜下出血等、医療機関診てもらうべき頭部に関する体調不良は多いです。
なかなかご自身では分からない部分でもありますので「気になるようなら、まずは医療機関で検査を受ける」と考えて頂くのが一番安全だと思います。

その上で、医療機関では原因がわからず痛み止めの処方等で終わる、というケースが多くなるかと思います。そうなるとカイロプラクティックの出番になります。

多くの施術院で「ストレス性の慢性頭痛」、「偏頭痛」などと種類を分けて考えたりしていますが、結論から申しますと分ける必要はありません。

偏頭痛は血液循環の不具合により起こることが多いのですが、これには自律神経が大きく関係しています。
そしてストレス性の頭痛に関しましても、やはり自律神経が原因と考えられるのです。
つまり、どのような頭痛にしても自律神経が重要なキーポイントになってくるのです。

次に、自律神経に影響を与えるものについて考えていきます。
神経の通り道は背骨になります。これが重要な点です。
背骨がゆがんだ時に、自律神経に影響が出てくるのです。

次はこの「背骨がゆがんだ原因」について考えます。
いくつか考えられると思います。
一つは背骨の土台である骨盤のバランスが崩れている場合。
もう一つは動きの悪くなっている内臓があり、そのこわばりが内臓のヒダなどを介して背骨を歪ませる場合です。
他にも、もっと単純に考えて日々の生活をおくる中で背骨が歪んでしまった場合もあります。

いくつかパターンを挙げましたが、やることは基本的には同じになってきます。
検査を行い、骨格や内臓組織の動きをチェックし、硬くこわばった箇所をほぐしていくのです。
硬くなった組織は、その硬さゆえに周囲の組織を引っ張ってしまいます。
当然背骨もいびつに引っ張られます。
なのでこのこわばりの解除し、背骨の解放を目指します。

またトリガーポイントと呼ばれる筋肉の硬いコリのようなものも頭痛に大きく関与しています。 骨格矯正と平行して、このコリの除去も行なっていきます。

体の中の硬いところを解除し、局所的な筋肉の硬縮を減らしていけば、自律神経も正常な状態に戻っていきます。そして体調も楽になっていきます。

他にも、もちろん肩こりや肩関節の異常なども関係している場合がありますので、体全体を見据えて症状を取り除いていくことが重要になってきます。

<当院の改善方法>
反射検査や姿勢分析、その他可動性検査などを行い、ゆがみの原因(硬くなっている箇所すなわち頭痛の原因)を探索していきます。


検査結果に基づいて、その部分の不調を取り除いていきます。
また同時に肩周辺の骨や首の骨の詰まりを取り除いていきます。

終盤では頭蓋骨のこわばりを開放してあげる施術をします。
頭痛でお悩みの方は頭の骨の縫合(骨と骨の結び目)が、固くなっている傾向があります。
この施術でこれらの縫合を緩め、頭部の張りや緊張状態を解きます。
これはとてもソフトな施術です。

姿勢を整え、骨を開放します


これを毎回繰り返し、少しずつ体内のこわばりをなくしていきます。

※頭痛でお越しの方は、「頭痛・自律神経徹底コース」をお選びいただくことが多いです。

<患者さんの改善例1 20代女性 偏頭痛>
主に左側の偏頭痛が一番の悩みでした。

このタイプの頭痛は血液循環が停滞してしまっていますので、その点を中心に改善していきました。

骨格矯正し、神経路の詰まりを取り除いていきました。
これによって神経だけでなく血流さらには脳脊髄液の流れも改善されます。
それに加えてリンパドレナージュも行ない、血流の改善をより強く促していきました。
(リンパ管は血管のバイパスみたいなものです)

またトリガーポイントの除去も同時に行なっていきました。
偏頭痛の場合は特に側頭筋という頭のサイドに付いている筋肉が原因であることが多いです。
この方の場合も側頭筋を中心にトリガーポイントを解除していきました。

この方の場合はゆっくりと改善をしていき
2クールで毎日の生活が楽になるくらいまで改善しました。
※施術効果には個人差があります。

<患者さんの改善例2 30代男性 背中のハリからくる頭痛>
パソコンを使う仕事をされているため、頭痛と背中のハリがひどい状況でした。
初回は背中をゆるめ、背骨を中心にゆがみを取る施術を行ない、それによって背中のハリはほとんど取り除くことができました。
3回目からは頭痛についても少しずつ改善が見られ、それとともにポイントを背骨から骨盤にシフトしました。
5回目以降は症状がだいぶ改善していたので施術の間隔を伸ばすようにしました。
1クールの最終回(7回目)にはほとんど症状もなくなり、今では1〜2ヶ月ごとにメンテナンスさせて頂いております。


※施術効果には個人差があります。


→あわせて頭痛薬を飲む必要がなくなった患者さんのページもご参考いただければと思います。

問い合わせ案内